猫がこの世にいなかったら、
人生はうんとつまらないものだっただろうな、と思う。
くらい所でだけ見ることのできるまんまるの瞳とか、
肉球でぎゅうぎゅうと押してくれる頭皮マッサージとか、
夫や息子のお腹の上で、一緒に昼寝をしている姿とか。
わたしの猫は、出会って以来10年以上、
ありえないほどの幸福感をわたしにもたらしてくれている。

だから猫の禁断症状に落ち入ることは、普段は無いのだけれど、
そうではなければ、ロンドンに今年オープンした「猫カフェ」へ
足しげく通っては「猫チャージ」をしたくなるだろう。

クラウドファンディングを募って、今年3月に開店した
「レディ・ダイアナのキャットエンポリアム」は、
向こう7月いっぱいまで予約でいっぱいという人気の猫カフェ。
お家のような気安い雰囲気ながら、キャットタワーや
キャットランニングマシン(?)を配した、猫まっしぐらの空間で
11匹の猫たちが、優雅にくつろいだり、おいかけっこをして遊んだりと、
のびのび自由に過ごしていて、
お客さんの方も、それを微笑ましく眺めながら、お行儀よくお茶を楽しんでいた。
こちらから抱き上げたりしてはいけないけれど、
おめがねに適うと膝に乗ってくれるかもしれないから。
テーブルの上にあるハンドジェルも、人間のためというよりむしろ、
外から持ち込まれたばい菌から猫たちを守るためのもの。
さすが動物愛護の国の猫カフェだと思わせる気遣いがそこここにある。

うちの猫が一番かわいいわと、ひそかに思いながら、
もう少し大きくなったころの、あのいたずら猫たちにもまた会いに行きたい。




「猫びより」7月号でロンドン猫カフェの記事と、
「続・ボブという名のストリートキャット」のインタビュー撮影を担当しています。
 猫好きさんはぜひご覧下さい。

Comment





   

Profile

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

Archive

Selected Entry

Comment

  • Autumn/Winter 2011-12
    Saya
  • Autumn/Winter 2011-12
    junjun
  • 絶賛春休み中
    Saya
  • ひとりで
    Saya
  • ひとりで
    BAMBI
  • 絶賛春休み中
    ひろみ
  • From London with Love. ロンドンより愛を込めて
    Saya
  • From Central London with Love. セントラルロンドンより、愛を込めて。
    Saya
  • From London with Love.
    Saya
  • From Central London with Love. セントラルロンドンより、愛を込めて。
    nami

Search

Other

Mobile

qrcode